東北の山って素敵  鳥海山編

先月のとある打ち上げにて山仲間のhiroさんと「鳥海山にいきたい」という話になり、「じゃあ行こうよ」となった。フランスへと旅立っていた輝子さんは、出発する日の夕方帰ってくるのだが、それでも行くとおっしゃる。
 7/12(金)18時頃hiroさんが我が家へ到着。しばしくつろいでいると18:40頃電話あり。
無事帰ってこられてよかったが、パッキングに時間がかかるとのこと。我が家に来るのはなんと2時間後くらいという。2時間経った頃、携帯電話が鳴った。電車が遅れてホームがごった返してるから車で迎えにきて欲しいという。
そりゃ大変だ。おきくつろぎモードから急ぎ出発モードに。
  そして某駅にて無事フランス帰りの輝子さんを拾い、いざ酒田へ。22時前だったと思う。
 東北道をひた走る。途中のPAでトイレ休憩。運転をhiroさんにバトンタッチ。山形道のPAでさらに運転を交代し、仮眠も交代でとった。といってもうとうとする程度だが・・。時差ぼけで妙にハイテンションな輝子さんはちっとも眠そうにない。運転する身としては大変ありがたいのだが、絶対登山中に電池切れするだろうな。
 長い長い高速道路をとにかく走ると空が明るくなってきた。
ああ、朝が来たよ・・・。などと思いつつ走り続けるとやっと道の駅酒田ふらっとに到着。
本当はここで仮眠取るはずだったけど、眠気がないので朝食をとることに。東屋にて。hiroさんが用意してくれた鮭雑炊。
画像

お手製のお漬物と共に美味しく頂いた。元気一杯で登山口の鉾立まで車を走らせる。
鳥海ブルーラインはとってもいい道だった。大好きなアザミが咲きほこり、海と空も青い。どんどん空が近くなる。アドレナリン出まくりである。
鉾立
画像

展望台からの眺め
画像

登山口付近に咲き誇っていた。
画像

さあ、行きますか
画像

階段と石畳のいい道を行く。
画像

花を愛でながら歩いていくと長大な雪渓が登場。腐った雪なのでアイゼンはいらないが、時折滑る。
画像

涼しいが眩しい
画像

やっと夏道が見えてきた。
画像

ハクサンイチゲもお出まし
画像

画像

山頂方面との分岐。どうやらここからが花畑ロードのようだ。
画像

山頂が見える。
画像

夏の花の代表選手のひとつ。ヨツバシオガマ。東北に咲くのはキタヨツバシオガマというらしい。
今回は花の名山紀行なのでとっても軽いハンディー高山植物図鑑を持参したのだ。久々に心が躍る。
画像

羨ましいほど絵になってるぞ。
画像

ハクサンチドリも登場。いいねいいね。夏山モードに突入だ。
画像

酒田方面の登山道から続く稜線と日本海。
画像

ハイテンションになりながら登っていくと鳥海湖が見えてきた。
画像

すんばらしい。右に湖と山頂。左に花畑に日本海。足が進まないなあ。
画像

そりゃあ見とれちゃうよね。
画像

そんなこんなで御浜小屋。風除けになるここで休憩。
hiroさんが材料を用意してくれて、朝道の駅でおのおのが作ったバケットサンドをほおばる。大きな口を開けて。
美味しい。
画像

おやつにもってきたクッキーなどのおやつを食べて、完全にピクニック気分。しばしまったりと過ごしたら
出発!
画像

イワベンケイも大群落
画像

登りもきつくなってくる。
この分岐を左にとる。
画像

急登が続く。が、寝てない割に息も切れないベストな体調。気持ちよく登る。まあ、ゆっくりだからなんだけど。花がよく観察出来て嬉しい。
画像

梯子もあったりして
画像

登って下ると雪渓にぶつかった。この雪渓も長い。しかもガスっており、残雪が登山道を塞ぎ一部不明瞭。
雪渓にロープが張られていたので把握し進む。大きな落石もあったりする。
画像

ミヤマキンバイが群生
画像

お、あんなにガスガスだったのに晴れてきたぞ。さすが晴れ女軍団。
画像

蒼空
画像

一登りで到着
画像

神社です。
画像

本当の山頂は新山だしい。岩ゴーロな道をよじ登る。
そして登り切ったらこんな細い間を下る。
画像

そしてさらに登り返すと到着。
どうやら姫はそろそろ電池切れらしい。
画像

帰りは左手に別の道がありそちらへ。胎内くぐり。安産祈願になるらしい。私は熊野古道でもくぐったぞ。安産間違いないが必要ないかもな。
画像

雪で登山道が塞がるが、何とか岩を登って神社裏手に出ることができた。
風除けになるところで昼食タイム。さっきのバケットの残りを食す。
と、ここにターゲットのチョウカイフスマちゃんが群生。かわいいなあ可憐で健気で清楚で・・・。
画像
画像

ミヤマキンバイとのコラボ
画像

十分満喫したのでそろそろ下山しますか。帰りは雪渓を避け稜線コースをたどる。一度下って雪渓をちょこっと横切ったら登り返して稜線に出る。
岩梅がびっしり。
画像

稜線に出て分岐を右にとれば花畑のある気持ちのいい道を緩やかに歩き下る。ここらはガスが濃く、雨かわからないほど濡れてしまう。
アオノツガザクラ
画像

これはミヤマリンドウみたい
画像

電池切れした輝子さんの歩きが怪しい。かつて見たことのない危うさである。賢い姫は途中停まって仮眠する。
ミヤマキンポウゲ
画像

繊毛がないからイワギキョウ
画像

ミヤマトウキかミヤマゼンコ。前者の色が濃いかな
画像

と、見たことのない花が。さっそく図鑑を見ると・・なんとイワブクロだ。東北以北しか分布しないらしい。嬉しい!
画像

こういうところに咲いている。
画像

おお、やっぱり君はヒナザクラ。可愛いでないの。この花も東北にしか咲かないらしい。うう素敵。
画像

花をたっぷり楽しんだらどんどん下り、分岐に戻ってきた。そしてあとは来た道を戻るのみ。
さっさか下ってやっと登山口近くに戻ってきた。すると晴れてきたぞ。
画像

上も見えてきた
画像

戻ってきました。文字制限オーバーなので次回につづく・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

監督
2009年07月20日 21:53
おー、消しちゃったのに、めげずに書き直されたんですね。お疲れ様~。
そして、なんともいい3姉妹のようで楽しそうですね。続きも楽しみにお待ちしてま~す。
食う寝るさんだ~す
2009年07月20日 23:10
鳥海山いいな~!
行きたいんですよね。
しかしなんか、夏山の先手かけちゃった感じだ~ね

まだ仲間内のみんな、こんな山に行ってないんじゃない?
オイラも三連休の白山逃したしな・・・

花もいい感じだし、雪の残る山肌もいいな~
うらやましいぞ!
岐阜ペンギン
2009年07月21日 07:16
写真いっぱい
花ざんまい 良い山ですねぇ
行きたいトコが増えました
続編 楽しみにしています
hiro
2009年07月21日 17:23
お世話になりましたー!
御浜小屋前の花畑ロードは景色も花もほんとによかったね^^なかなか進まないしね・・ここは天国だよ。。。と思った。
ふうろさん、やっぱ、花の写真、たくさん撮ってるね。私はやっぱり、途中でぜいぜい・・はぁはぁ・・でした^^;
また、どこかで楽しみましょう^^!
今度は夜行?かしら?^^
輝子
2009年07月21日 19:02
うん、花の写真多いよ。
ってか、チョウカイフスマ、全然覚えてない…
ふうろ
2009年07月22日 07:55
監督、どうもです。
そうそう、消えたときは頭真っ白ですよ。せっかく気が乗って書いたのに消えてしまったので当分無理かと思いましたが、何とかモチベーションを持ち直して頑張りましたん。
筋肉女子隊の活動も定番化して参りました。
美味しく飲んで食べて歩く。どれも外せないっすねえ。なにげに年齢的にも姉妹ですしね(笑)
ふうろ
2009年07月22日 17:27
食う寝る子さん、どうも~。
東北の山ってたおやかな尾根で癒されるねえ。
食う寝る子さんも好きだよね。きっと。
そんでもって標高低いのに高山植物が咲き誇ってるしね。きっと今頃も更に綺麗だとおもうよ。
雪が溶けていくだろうしね。

確かに夏山先取りでしたん。
でも、私の夏山はこれで終わったかも・・・・
ふうろ
2009年07月22日 17:39
岐阜ペンギンさん、お久しぶりです。またまたご訪問頂き嬉しいです。放置民のブログなんで恐縮ございますが気まぐれに書いておりますのでよろしくです(^^)
鳥海山は花も景色も一級品でございましたよ。
文章は下手なのであまり載せませんが写真は・・・あ、写真も下手なんですけど、写真見ていただいたほうが伝わるかなあなって思ったりして。
月山編も写真で攻めます(笑)
ふうろ
2009年07月22日 17:47
hiroさん、こちらこそお世話になりました。
ホント、いい山だったよね。計画立ててくれてありがとね。
食料もお世話になりました。
尾根も花もホント素敵だったね。
花が大好きな自分の歩きを思い出させてくれた山だったよ。図鑑みたり花狙いで写真撮ったりと本当に楽しかった~。
また次行きましょう。花とか景色を楽しめる山ね。
夜行は・・・・避けたいっす。せめて夜宴会にしませう。
ふうろ
2009年07月22日 17:58
てるちん、まじで覚えてないのん?
あのときはすでに夢の中か?
覚えてないって・・・・
半端なく眠かったのね。
まあ、ホント、ハードスケジュールだったもんね。
お疲れ様でした。

花の写真はあんまりうまく撮れてないのでちとショックだけど、花への愛は感じられるかしらん?
輝子
2009年07月22日 19:04
なんとなく目の片隅に写ってたような気がするんだけど…
写真見てもあまりかわいいと思えないんだよね、この花。
眠いのが問題じゃなくて、好みの問題でしょう。
じつはクロユリもそんなにかわいいとは思えないんだよね。
でも、黒いユリって簡単なネーミングだし、珍しく黒い花だから覚えている(笑
ふうろ
2009年07月22日 19:45
あははっ。てるちん、好みね。確かに。
でもさ、実物はもっとかわいかったよ。写真だと地味だけどさ。

黒百合はたしかに渋い。
でも簡単には気を許さない気難しい女って感じで嫌いじゃないな。

この記事へのトラックバック

  • 時差ボケ解消山行 part2 月山

    Excerpt: 「時差ボケ解消山行 鳥海山」、 「時差ボケ解消山行 鳥海山 食事編」 からの続き。 宴会後は、皆寝不足のため爆睡。ふうろさんなんかhiroさ... Weblog: やまやなぶろぐ racked: 2009-07-23 07:45
  • 時差ボケ解消山行 鳥海山

    Excerpt: 7月9日の夕方シャモニをバスで出発、ジュネーブから飛行機に乗り、パリで乗り換えて7月10日金曜の18:00過ぎに成田に戻ったんだけど、ふうろさん�... Weblog: やまやなぶろぐ racked: 2009-07-23 08:30