すずらんの山

6月15日はとある場所限定でとある対象者限定で休日だったりする。
そして平日休みは大変貴重なので部○も休みにしたりして。
そんな話を輝子さんにしたら「どこか山かラン(ここが輝ちゃんらしい)行こうか」という話になる。
そして、当日まで行き先が決まらない、しかも夕方まで集合時間、場所が決まっていないという何ともアバウトなプランのはじまりはじまり~。
14日の夕方出発。首都高の渋滞にはまるが、メールの行き違いのおかげで渋滞を抜け横浜方面に車を走らせる。
無事輝子さんをピックアップし中央道をひた走る。

お腹が空いたので談合坂で軽く夕食。ナンサンドと牛タンのミンチ串。
お腹が落ち着いたところで出発。
小淵沢ICで降りると目の前に夜12時まで開いているスーパー発見。
次の日の朝食などを調達。
そしてとあるところでプチ宴会。
輝子さんが色々用意してくれたが、遅かったしお腹も満たされていたのでスナックのみにする。
誕生日を迎えた輝子さんが自分で用意してくれた(すまん)スパークリングで乾杯!
って、いつ解禁したんだ?禁酒!ってつっこみはありで。

酒を解禁したばかりの輝子さんは2杯強。後全部私が飲まないといけない。飲みきれるかしらん?
なんて心配は杞憂で、あっという間に空になってたな。
いい時間を過ごして就寝。
トイレに行ったら満天の星空。明日は晴れるね。

朝は6:00起床。
ベンチで優雅に朝食。
まずは湯を沸かしイチゴミルク。牛乳で割ったから本当にイチゴミルクラテだ。

輝子さんが作ってくれたクスクスサラダ。
画像


クスクスをオリーブオイルで和え、ハーブソルトで味付け。オリーブの実と私がなんとなく持参したドライオニオンやコーン、豆、鳥ささ身なども投入すると彩りも美しいサラダが出来上がった。
画像

美味しい。
昨夜買った胡桃パンと、輝子さんが用意してくれたカップスープと一緒に。
画像

そのあと珈琲も入れていただいた。ごちでした。
ゆっくり過ごせばもう9時近い。実身支度をして車を走らせる。

今回の行き先は・・・・なんと花の山である。
しかも輝子さんが見たいと言った花だ。輝子さんが食べられない(?)花に興味あるとはびっくり。が、この花は大好きなんだそう。
当初のアバウトな予定ではその山をハイクしたら諏訪湖にでも移動してランするか、車山あたりでハイキングであった。
しかし、行ってみると釘付けな風景が広がるのである。
私は一度大阿原湿原から入笠山まで歩いたことがある。もう何年前だったろう?

ここ2週間ほどのみ花畑から大阿原湿原へは無料シャトルバスが運行している。
マイカー規制になっているのだ。
沢入駐車場からは歩き。
画像
画像

緩くて綺麗な登山道・・というかハイキング道。
画像

かわいいねえ
画像

すたすたと歩いていくとこんなゲート
画像

入笠湿原のはじまりはじまり~
いきなりズミ(コナシ)のお出迎え
画像

歓声をあげてしまう。別天地だ。輝子さんも珍しくハイテンション。食べられる花にしか興味ないのに
「これは綺麗だ~」と感動している。
クリンソウも群落だ。可憐だね。
画像

湿原大好き!やっぱ私の原点は湿原なんだ。天国なんだ。
画像

この景色に「イチコロ」とか、「ノックダウン」とか言ってたら輝子さんに死語と言われた。
そういえば、かわゆいお花たちのことを「かわいこちゃん」といってやはりやはり死語だと突っ込まれたなあ。
大好物な景色。
画像

ズミって清楚な花だなあ。
画像

この斜面のお目当てがわしゃわしゃ咲いているのでる。
画像

クリンソウって目を引く。
画像

ウマノアシガタ
画像

斜面を登りはじめるとこんな感じで咲いていた
画像

興奮のるつぼです。輝子さんにいたっては、「日が暮れるまでここにいる」と言い出す始末。
風に乗って甘いいい香りが充満する。
ホウチャクソウも咲いていた。
画像

ドイツすずらんとの違いが書かれていた。
画像

かわいいなあ。つぼみもかわいい。
画像

芳香な香りに包まれながら斜面から湿原を見下ろす。
画像

しばらく張り付いていたが、山頂に行って、もうひとつの湿原を見たらまた戻ってくることにして別の斜面を下る。
と、そこにはスミレが沢山咲いていた。
画像

山彦荘の出口を通り、入笠山頂方面へ進む。
分かりやすい看板
画像

遊歩道を行くと花畑。まだこちらはすずらんの見頃には早いらしい
画像

ここから大阿原湿原まで無料シャトルバスが出ている。
帰りにタイミングが合えば使おう。
画像

花畑を左に通り過ぎると登山口。
画像

30分の行程だが、そうはかからないだろう。調子よく登っていく。
トレのし過ぎで乳酸が溜まりまくっている輝子さんはきつそうだ。
斜面を登ると一面レンゲツツジだらけ。ああ、満開のときに来たい!!
画像

そして山頂
画像

記念撮影
画像

中央ア方面は雲の中
画像

しばらく展望を見渡してからお茶タイム
画像

少しずつ南アが見えてきた。最初は仙丈。次に鋸、しばらく粘ってやっと駒。
画像
画像

珈琲二杯を飲み、おやつを食べてのんびりしていたらやっと八ツも見えてきた。
画像

1時間以上いたようだ。
大阿原湿原へ歩き出す。しばし下る。
画像

下りきったら林道に出る。
画像

林道をぽくぽく歩くとこんなものが。
画像

想像したらとっても気の毒な構図である。
飲めないけどこんな感じに水が流れていた。
画像

林道歩きも気持ちがいい
画像

若い唐松
画像

湿原入り口
画像

時計回りに歩く。
しばらくは樹林帯。しばらく歩くとやっと開けた。
画像

花は少なかったがいい湿原だ。
画像

1周し、14:00発のシャトルバスを待つ。
そしてまた戻ってきた。
画像

またまたすずらんを見てきた。
難しかった撮影も少し慣れて来た。
画像
画像

携帯の待受用に沢山携帯のカメラで取り捲るがいなかなかいい写真が撮れない。
長い時間かけて撮影しやっと納得な写真が撮れた。
ここでも長い時間へばりつく。輝子さんにいたっては甘い香りのなかで階段に座ってお昼寝?
平日なのでまだそんなゆとりがあったが休日は写真を撮るのも大変なのでは。
中学生の学校登山を見送ったら下山開始。
画像

前にいるであろう中学生に追いつかないようゆっくり歩いた。
それでもさっくり駐車場着。
中学生の集合場所になっていた。
車が出ないので先生にお願いしよけてもらった。
車を出したら温泉へ直行。
私は何度か行ったことのあるこの温泉。
画像

少々料金がお高くなっていたが露天が広いのと、冷泉と呼ばれるぬる湯がずっと入っていられてよい。
ゆっくり浸かって温泉を後にする。
お腹が空いたので帰りがてら店を探す。
行きになんとなくチェックしていた店に入ることにする。
画像

輝子さんはここの売りである煮かつ、私は味噌カツを頼んだ。
画像

あっさり味だがなかなかだった。が、味噌カツはもう少しソースをかけてほしかったかな。
お腹一杯になって出立。
帰路につく。
さすが平日、渋滞知らずで東京駅に到着。輝子さんとはここでお別れ。
いつもながら楽しかったです。色々ご馳走様でした。
また行きましょう。

見頃の花を見るのはやはり楽しい。
花と湿原だけを目的とした山は久しぶりだった。山を登りはじめた頃を思い出した。
やはり私はこういう山が好きだ。
でも、今回一番のインパクトは、輝子さんが花を目的に山を歩いたこと。
食べられる花以外でこんなに花に興味を示す輝子さんをはじめてみた。
この山行は貴重だぞ。花を見に輝子さんと山に行くなんてこと、これからもないかもね。
歴史に残る山行となりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

輝子
2009年06月18日 20:18
あっ、めずらしく先を越された!

>食べられない(?)花
スズランは毒なんですぞ。
スズランを生けた水を飲んでもやばいくらいだそう。

スズランに囲まれてとても幸せでした。
もう死んでもいいと思いました。
おつきあいありがとうございました。

連日のオーバートレーニングにより、脚に乳酸がたまりまくっているので、
ちょうどいいアクティブレストになりました。
って、今日もまたふくらはぎぱんぱんなんだけど(爆

っていうか、中学生たちによけるようにお願いしてたの?
食う寝るさんだ~す
2009年06月18日 22:27
入笠って雪の時期と真夏しか行ったことないけど
今は花なんですね~
冬はゴンドラ夏は車で上までだったからこんな雰囲気想像できませんでした。
湿原大好きなオイラも行かねば!

しかし、輝子さんが花を見にってのが、ちょいと笑えちゃった^^;
ゴメン・・・
木曽駒
2009年06月18日 23:46
ふうろさんから「今、輝子さんと入笠山山頂でまったりお茶してます。入笠湿原のすずらんに感激してます。・・・・」ってメールきたとき、ふうろさんが感激しているんだと思ったけど、輝ちゃんが感激していたんですね。
おっどろいたぁ~~~~(爆
入笠湿原のすずらんは有名だよね。
お天気もまぁまぁで熱いくらいだったのでは?
あのお花はまた探しに来てくださいね。
hiro
2009年06月19日 09:21
ここでしたか~^^
なんだか、ふうろさん達にしてはまったりお山なので、調子、くるっちゃうよ~^^
でも、癒されるよね~!湿原!
ぜいぜい
2009年06月20日 16:52
すずらん、ちょど見ごろみたいですね~
なかなかいいハイキングだね。
てか、輝ちゃんとハイキングってのがどうも結びつきません・・・
きぬ
2009年06月21日 16:05
こんにちは、昨晩は演奏会、その後と楽しくご一緒させていただき、ありがとうございました。
とってもユニークで和めてそれでいて、本格的な合唱に心も体の解れました。
私は13日(土)にすずらん散策しましたが、すずらんの魅力にハマってしまいましたよ。健気にひっそりと葉影に咲くすずらんの撮影は難しかったですよね。
地面に腹ばいになるくらいの低姿勢になりました。クリンソウもズミも見ごろでした。やっぱ、湿原はいいですよね。
今朝起きたら、雨じゃんじゃん降っていたので、レンゲツツジのお山はすっぱりあきらめて、2度寝しました。
丹沢ボッカ駅伝の記事も読みました。決して決して出ようなどとは思いませんが、チームっていいな~っと思いました。
sanae
2009年06月22日 21:06
スズランかわいいですよね。
私もここで見られると知った時は嬉しくて、一面のスズランに感激しましたよ~
先ほど書き忘れましたけど、
「仲間っていいな~」って何度も出てくる気持ちとてもよく分かります。
いいお仲間がいっぱいいていいですね(^^♪
ふうろ
2009年06月23日 23:50
亀レスですみません。
輝子さん、先日はお世話様でした。
お付き合いではないでしょう。元々花好き人間ですから。
ホント、素敵な空間だったね。
いい1年のスタートになったかな?

ほら、降りて駐車場に入ったときに先生に「車出します」って言ったんだよ。
また帰ってきたらいこうね。
ふうろ
2009年06月23日 23:53
食う寝る子くん、すずらんのときもいいよ。是非行って見て。

笑ったら輝子嬢に失礼ですって笑)
ふうろ
2009年06月24日 14:54
駒子さん、お返事遅くなりました。

確かに私も感動しまくりだったんだけど、輝子さんの感激具合もすごかったんだよ。
自分の大好きな花がわしゃわしゃと咲いていたら感動しまくりだよね。
けっこう暑かったですね。汗かきました。でも、比較的快適に登れましたよ。緩かったし。
あの花はまたいつかチャンスが訪れたら見に行きますね。ありがとうございました。
ふうろ
2009年07月06日 18:12
hiroさん、お返事遅くなりました。
私達って無雪期含めてけっこうまったり山行してるよ。ほら、奥多摩だってそうだしさ。
今度の山が楽しみですわ。
って予習はこれから。
湿原らぶらぶですよん。
ふうろ
2009年07月06日 18:15
ぜぜさん、お返事大変遅くなりました。
てるちゃんとハイキング、確かに結びつかないけど、うちらけっこうハイキングしてるんですよね。
まあ、私と一緒じゃハイキングになっちゃうのも頷けるんですけどね。
でも目的あるハイキングばっかりかも。
今回は姫の大好きな花だったようで、二人で感激でした。
ふうろ
2009年07月06日 18:19
きぬさん、すぐお返事したかったのに仕事でトラぶってましたん。すみません。
先日はご一緒させて頂けて嬉しかったです!楽しかったですね。
旦那も合唱また聞きたいって言ってましたし飲みも楽しかったですねえ。
きぬさんと同じお山でしたね。
天狗はどうでした?
また花談義や教○談義したいですねえ。

ぼっかの記事も読んでいただいて有難うございます。
仲間って素晴らしいなっておもいました。駅伝はまっちゃいそう。
ふうろ
2009年07月06日 18:25
sanaeさん、お返事大変遅くなりました。
見ていただけるでしょうか?(泣)すみません。

すずらん、ホント、可憐で健気で清楚でかわいいですよね。野生のを見たの、はじめてかもです。

ぼっかの記事のつづき、ありがとうございます。
ホント、お仲間には感謝です。だって一人では何も出来なかったし、勇気も出なかったし、次頑張ろうとも思えなかったかもです。
でも、sanaeさんも素敵なお仲間沢山いらっしゃるじゃないですか。私こそ羨ましいですよ(^^)
sanaeさんとは下界でしかお会いできていないので、いつかお山でお会いしたいなあ。

この記事へのトラックバック

  • スズランの花園で

    Excerpt: 先週の月曜は、ずっと行きたいと思っていた入笠山にふうろさんと行ってきた。 入笠山(にゅうかさやま)はスズランの群生で有名な山。 大きな... Weblog: やまやなぶろぐ racked: 2009-06-21 23:55