本チャンデビュー? 初岩は里山

以前から輝子さんからお誘いいただいていた里山本チャン話。
なかなか機会がなくて実現できなかったが今回やっと実現した。
山の名前は伏せておくが、アプローチも短く、行程も短いがロープを出し、岩の練習になるという山だ。私のような素人にロープワークを教えるには丁度いい山のようなのでありがたくご一緒させてもらった。

基本中の基本なロープワークやビレイなどは輝子さんに教わっているが、何度かやっていないとすぐ忘れてしまうので、結局すっかり忘れていた。
エイトノットでさえ忘れていた。練習するためにロープの切れ端を買い、習った頃は繰り返し練習していたが、今はすっかりご無沙汰だったので、切れ端を持参し電車のなかで何度も繰り返した。

最寄り駅に下り立ち歩いて取りつきまで移動する。
里はこんな風景が広がっており、とってものどか。
画像

春だね~
画像
画像

取り付き手前であずまいちげ?
画像

いよいよ登り始め。装備を付けて出発する。
最初は一般道。
途中から外れて直登する。踏み跡が付いている。
画像

しららく歩いていよいよロープを出す。
始めの頃はノーロープでいけそうなところだが、練習、練習!
輝子さんがトップで確保しながら登っていく。
私はビレイヤー。
声のかけ方、声が届かない場合があるので笛の吹き方などを教わる。
こうやって確保するんだ。
セルフビレイもこうやって。ビレイするときにこれがないと滑り落ちるところもあったりして。
画像

やがて岩肌が出て来るといよいよ核心か。
画像

何ピッチか緊張感ある岩場を通過する。
クライマーさんたちにとっては楽勝コースなのだが、素人の私レベルだと集中力やクライミング技術を要求されるところだ。何度かジム行っててよかった。
実際一度足場がなくって迷いながらよじ登ったらずり落ちた。
ロープで確保されてなかったら落ちていた。
やはり難しいのだ。登山靴だしなおさら足の置き場とか、もろく崩れやすい岩のどこに手をかけるかなどを判断するのが迷うところだ。
経験を積んでいかないとまったく分からないと実感する。
クライミングは奥が深い。こういうところを登ってみて改めて一般道がいかに簡単で安全かを実感させられた。
1ピッチあがって上から覗くとこんな感じ。ぎりぎりまで行ってないのでいまいち分かりにくいが高度感はけっこうある。
画像

こんな岩、あんな岩が次々でてくるのだ。
「あとどのくらいピッチ登るの?」
と聞いたらば、
「まだ半分もきてない」
とのお答えがきたりして、「よっしゃ、気合入れて登るぞ」という気に嫌でもさせられるわけで・・。
しかし、おかげでビレイの仕方やスリング、カラビナなどの回収方法、ビレイの仕方などを学ぶことができた。
画像

何ピッチか繰り返し登っていき、最後の岩を登りきったらやっとロープがお役御免となった。
テラスになっているところで大休止。
画像

一応初本チャンなので岩をよじっているところを輝子さんに何度か撮ってもらったが、カードエラーだったようでデータが残っていなかった。
無様な登り姿だったのでそれはそれでよかったのかも(笑)
輝子さんの濡れおかきに私が持参した白い恋人に沖縄土産のサータアンダギー。テルモスのコーヒーなど
画像

食べたり写真を撮ったりしゃべったりとゆっくり過ごす。
幸せな時間だ。
三つ葉つつじなども咲いていた。
画像
画像

周りの風景
画像
画像

この日はけっこう風が強かったが、この場所はうまく風をよけているようなので暖かい。
贅沢なひとときを過ごしたらあとは普通の道を歩いて一般道と合流する。

画像

懐かしい一般道
画像

そして少し歩くと山頂!
写真を撮った。
二人のポーズ写真は輝子さんのところで。
ばんざーいポーズ
照子さんがメットを出してくれたりして・・・
画像

ひとしきり遊んで下山。短いだけあり急登な下り。所々ロープが垂れていた。雨が降ったり濡れてるとちょっといやらしいかな。
一気に下り、あっという間に車道へ出た。
ここから駅まではまたまた春の癒し道。
画像
画像
画像

民家の庭に生えていたしゅんらん
画像

こんな景色にぞっこんです
画像

元来た道を戻り、駅近くのコンビニで乾杯メニューを買い込む。
駅前の綺麗な桜?
画像
画像

駅ホームで乾杯。
輝子さんには感謝、感謝です。いつもありがとう!そんな気持ちを込めて
画像

電車が来たので乗り込みどこで飲みなおすか相談。
誰か誘えないかということになりまき姉さんを誘ったらば、この日は上〇で集まりがあるとのこと。急遽参戦することに。
時間がまだあるのでカモシカスポーツで無料のコーヒーを飲みながら時間をつぶす事に。
コーヒーを飲みながら、雑誌を読みながら、ギアを見ながら過ごした。
そろそろという時間に上〇へ出発。
そうして謎の軍団?と割り込み合流しまきさんが予約していたおでん屋さんへも割り込み参加。
怪しい人々の闇の中の背中達
画像

しばらく歩いて到着。
画像

このあとの画像はなし。
食べてしゃべって飲んでそんな暇はなかった。
10:30で終わりだったのでそのあとは道沿いにあった高級ワイン店へ。
ここで調子こいて飲んでしゃべっていたら終電楽々逃しました。
いや~参った・・・。
でも楽しいひとときだった。
まきさんはじめ、はっしー、さいたまーズのみんな、ありがとね。
画像


飲んだくれて終わったが、短い時間ながらも充実した山を体験できててるちゃん、本当にありがとうございました。
今まで本チャンで岩登るなんて考えてもいなかったが、ちょこっとやってみて、緊張感のなかでの岩も悪くないと思った。あんまり激しいのは無理だろうけど、もう少し歩いて(よじってみたいと思ったし、ロープワークしっかり覚えて使いこなしてみたいと思った。
これからも宜しくお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

じーや♪@ちょっと飲んでる
2008年04月10日 00:20
いいなぁ、ふうろさん。いいなぁ。
もう一回言うたる。いいなぁ。
で、上野で終電のがしたなんてすごい!!!
輝子
2008年04月10日 00:24
高級ワインバーだったんだ!
よかった、行かなくて…
あと1000円ぐらいしか持ってなかったから…
まゆ太
2008年04月10日 12:20
ふうろさん、この週は2度も会えちゃってうれしかったよん。ダンナさんともたくさんお話できて、たのしかったです。
heppocoさんのところのコメントで見たけど、ふうろさんもヘビメタ好きの少女だった(過去形?笑)だねー。じつはわたしもなんだ!高校生から大学生の頃まではよく聞いてたよー。ライブもようけ行ったし。今度会ったら、いっぱいはなそー♪
って、レポとあんまり関係ないないようになってしもうた。ロープワークはわたしも覚えたいのだけどなかなか(^^;
タマ
2008年04月11日 10:34
里山本チャン!
楽しそうですね♪
私もやってみたいです。
そして春山の風景にしびれました~

沖縄旅行のレポートも楽しくまた感慨深く読ませて頂きました。
もう一年以上になるのですね。。。
私もGWに、昨年父母と行った新潟の田舎の温泉に母を連れていく予定です。
でも同じ宿はつらいので、別の宿に予約しました。

ふうろ
2008年04月14日 23:54
じーやさん、また酔っ払ってる(笑)

じーやさんはご自分でも岩がんがん登ってらっしゃるじゃないですかあ。
私みたいなド素人と違うんだから~。
姫との歩きが羨ましかったんですよね?
お供したかったんですね。きっといつでも機会があるでしょう。
ふうろ
2008年04月14日 23:56
輝子さん、そうだった・・・・。
あんときはそうだったねえ(爆)
でも足りなかったら貸しますって(笑)
ふうろ
2008年04月14日 23:59
まゆ太さん、こちらこそあんなに頻繁に会えて楽しかったです。

まゆ太さんもヘビメタ好きだったの?そりゃびっくりだ!
今度はその話題で酒のもうね。うんうん。

ロープワーク、やっぱ経験者と行くのが一番勉強になると思う。
また行きたいよ。ホント。
ふうろ
2008年04月15日 00:12
タマさん、ご無沙汰しております。
岩はもう復活されたのでしょうか?山もばりばり歩いてらっしゃるのかな?
体が戻ってお元気になられてたら嬉しいです。

初めての外岩クライミングだったので少々緊張感ありましたが、色々教えてもらえたし、ああいう登りも楽しいものですね。

早いものでもう1年たちます。
土曜は1〇忌法要でした。一大イベントが終わって少しほっとしています。
でも、昨年のこの頃を思い出すと辛すぎますね。
何せ毎日あの最後のほうの父のことばかり思い出されて辛かったです。今もそうですけどね。
でも、入院生活を通じていい時間が過ごせたと思って前を向いていきたいと思っています。
法要の会食のとき、父が親しくしていただいた方々から沢山の楽しいお話を伺い、父は幸せ者だったと実感しています。

タマさんも私と同じような状況になってしまったのですね。辛いことのほうが多いと思いますが、お父様の生き様をたたえてあげてくださいね(^^)
私たちが後悔してしまうとお父さんの生き方を否定してしまうことになってしまいますからね(^^)

この記事へのトラックバック