風花緑空を求めて山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年夏山 2日目 摺鉢窪避難小屋〜宝剣山荘

<<   作成日時 : 2012/10/13 11:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

起床、朝食
画像

準備をして出発。暗いのでヘッデン歩き。
避難小屋〜稜線は朝のウォームアップとしてはちょっとハード?
明るくなって小屋を振り返る
画像

景色が素晴らしい。以下写真にて
画像

画像

画像

画像

画像

画像

気持ちのいい稜線歩き。やっぱ稜線最高!
画像

空木岳
画像

画像

空木平の小屋で泊まったというおばさまとしばししゃべったり、写真を撮ったりして過ごす。
ここからの下りはちょっとハード?
数年前は雪が降ったので視界なし、積雪による緊張感ある下りだったが、視界がいいとそうでもなかった。
「前迷ったのはここだよね?」とか、怖かったのここだよね?」などと確認しながら楽しい下り。
画像

旦那は数年前はこの下りで何度もすっ転んだというありえないことしてたっけ。
懐かしの木曽殿山荘
画像

前はここから伊那川ダムまで下った。
ここからは初めての尾根なので楽しみ。
登りきって東川岳
画像

さらに熊沢岳
画像

ガスったり見えたり。でもだんだん天気が・・・
画像

雨がぽつぽつ。でもまだ平気かなんて繰り返しながら歩いていく。
この稜線猿が多いのだ!
上り下りがきつくなってきたころに動物に出会うのはお約束。本当に沢山いた。猿山だった。
這松の実をがしがし食べていた。
画像
画像

槍尾手前から本格的に降ってきて完全防備。しかし途中晴れたりして暑くてたまらない。
着たり脱いだり。降ったりやんだり。降ると強い雨脚。カメラはしまい、写真はここからゼロ。
栄養補給もきつくしゃりばて。脱水気味で体調不良。3重苦でしんどかった。
足も何度も止まった。気力。
土砂降り。遠くで雷。雷が近づいたら檜尾避難小屋に戻らないとか?と思いつつ、雷は収まった。
しかし、雨は強くなる一方。
この稜線が核心部なのに。
心が折れそうだったが戻れないので進むしかない。
腹痛などの体調不良にしゃりばてでどうにも足が進まなかったので、雨蓋だけ旦那に振った。
いよいよ宝剣への登り。
これは豪雨の通過は厳しい!!
滑りやすいし明足場は悪いし鎖、ステップでのミスは即死。
しかし、こういう緊張感って得意なんだ。一気にスイッチオン!
後から考えるとぞっとしちゃうところを難なく通過していく自分。自分をすごいと思った瞬間。
というか人間ぎりぎりの時って強い。
旦那も関心する歩きで登りきった。
しかし土砂降りなので山頂は通過。ってかどれが山頂だかわからない視界不良。スルー。
でも山頂からの下りは楽勝。
宝剣山荘から山頂は簡単なコースなのね。島田娘から山頂はなかなかのコースなのに。

でも、豪雨でなければそうでもないのかな。足場、鎖はしっかりしていた。ただ、足が届きにくいところもあったのは事実。
雨で難易度50%アップだったのかな?
濡れ鼠で宝剣山荘着。先のテン場までは30分。でもこの土砂降りでテント張る勇気も気力もなく素泊まり決定。
個室扱いで部屋を使えた。ラッキー。
全身ずぶ濡れだったので急いで着替え、干すものを干し、食堂で宴会。端っこで自炊させてくれるし、水は天然水を使いたい放題だし素晴らしい小屋だ。
生も飲めた!
画像

幸せ!気合と集中のおかげか体調ももどってきた。
たっぷりあるつまみをぶちまける。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

食べて飲んで大満喫。
暖かい布団でぐっすり就寝。
3日目へつづく・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012年夏山 2日目 摺鉢窪避難小屋〜宝剣山荘  風花緑空を求めて山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる